SSブログ

【第29回】鍼灸と乳がん治療 [がんと鍼灸]

リンパ節郭清と肩こりの関係(カテゴリー:リンパ節郭清)

私は胸の手術と同時にリンパ節にあったがんも切除しました。

リンパ節を切除すると体内をめぐるリンパの流れが滞り、
手や腕が浮腫むといった副作用があると言われていますが、
担当医の腕の良さとA先生の鍼灸治療により
「腕はまっすぐ上がるし、浮腫みもない!」
とそれ以上のケアはしていませんでした。

時々手術痕を確認するものの、
やはり今でも傷口周辺は積極的に触りたくない部分です。

先日、職場でヨガ講師の資格を持っている人に
「Rさん肩が辛いんじゃない?肩と背中、左右のバランスが良くなさそう」
と言われました。
確かに慢性的なの肩こりに悩んでいます。
特に手術をした左側の方は首も背中も辛い。
「脇の下が凝り固まっているのかも」とのこと。
早速ずっと避けていた手術後の脇の下をマッサージし、セルフお灸を開始しました。
腕も足もお灸してきましたが、確かに脇の下のケアはしていませんでした。

マッサージとお灸をはじめて1ヶ月。
この自粛期間、運動不足と仕事の多さで疲弊している状況でも、
随分と肩と背中がラクになりました。

脇のリンパと肩こりが関係しているとは考えていませんでしたが、
そういうことだったか!と。

手術した箇所を触るのはなかなか抵抗がありますが、
やり続けるうちに慣れます。

やはり、動かさない部分、
触らない部分はどうしても血流が滞ってしまうのだと思います。

そして手術した部分は自分の弱点でもあるので、
そこは特にケアすべきなんだなと改めて思いました。

リンパ郭清の後のケアを教えてくれる病院はありません。
すべては自分で考えてケアするしかないんだなと改めて思うこの頃です。


つづく


今までの記事はこちらからどうぞ

スマホ「鍼灸と乳がん治療」

パソコン「鍼灸と乳がん治療」



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。