SSブログ

ステロイドをやめたAさん [皮膚疾患]

Aさんは子供の頃からアトピーがあり、
特に顔の症状がひどく、
長期にわたり(14~38才)、ステロイドを顔に使用してきました。
しかし、ステロイドに疑問を持ち、39才の時ステロイドをやめることを決意。

この時、脱ステロイドを勧めている医師を探し、受診しました。
その医師の指示は、お湯で洗って、あとは何もつけないこと、それだけでした。
Aさんはそれを実行。

1ヶ月ほどすると、いつも赤かった顔の赤みが引いてきました。
そして膿が出てきました。
膿が出てはかさぶたができ、かさぶたが取れるとまた膿が出る、
その繰り返し。

3ヶ月ほどすると、自分の本来の皮膚が少し出てきたそうです。
しかし、膿とかさぶたの繰り返しは、まだまだ続きました。

その間、すごく痒い、痒くて痒くてたまらない。
まだまだ弱い皮膚は、日光にあたると、アレルギーを起こしてしまう。
でも、我慢しました。

ステロイドをつければ痒みが引いて楽になるのはわかってる、
でもそれじゃあ後戻り。
Aさんはとても意志の力が強い方で、
頑張り続けました。

今やらなければ、、、
今じゃななきゃできない、、、
今ならできる!
そう思って、脱ステロイドを続けたのです。

一年ほどすると、状態が少しずつ落ち着いてきました。
膿も、痒みも、少なくなってきました。

徐々に、徐々によくなって、
自分の本来の皮膚が強くなってきました。

そのままずっと脱ステロイドを続け、今に至っています。

今では何もつけなくても、お肌は潤っています。

しかし、鍼灸治療にいらしたころは、
アトピー症状はおさまっていましたが、
顔の皮膚の感覚が遠く、
顔に鍼を打たれても、あまり感じない、
まるで何かをかぶっているように感じられたそうです。
ステロイドをやめるだけでは取りきれないものがあるのでしょう。

鍼灸治療では、顔にも施術を続けています。
次第に顔の感覚も戻ってきました。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0