SSブログ

【第20回】鍼灸と乳がん治療 [がんと鍼灸]

胸の再建①(カテゴリー:再建)

私は左胸を全摘出しました。
胸が全部なくなると聞いた時、どれだけショックだったか…
と、当時の気持ちを熱く語ろうかと思いましたが
情けないことにあまり思い出せません。

かなり悩んだしショックだった。
とても不安だったのは事実です。
目先のことしか考えない私としては
「これから先、胸がなくなったらまともな恋愛は無理だな」
と思ったのが正直なところです。

見せびらかして歩くものではないけど、
胸がないよりあったほうがいいだろうし、
駅の売店やコンビニで、水着のグラビアアイドルが表紙になった雑誌を見かけると
「魅力的な女性=胸あってこそ」という気がして、
そうか私には女性の象徴がなくなるのだな、と思いました。

胸への思いとは別で、主治医は
「胸より命が大事。命がかかっているのだから、摘出は仕方ないでしょう」
(と、直接言われたわけでないですが)といった感じだったので
「どうにか胸を温存してください」とすがる余地はありませんでした。

私自身も「命へのリスクがあるなら全摘出したほうがいい」
という気持ちが強かったので早々に温存のことは考えなかった気がします。

どうしても温存したい場合は温存を視野に入れた手術や治療があるので、
どうしても!という方には相談したら良いと思います。

私の場合、ありがたかったのは、
早い段階で主治医から乳房再建(失われた乳房を形成外科の技術によって再建する)
を提示してもらえたこと。
「中途半端に温存するよりスッキリ取ったほうがキレイに仕上がりますよ」
と言ってくださった形成の先生にも感謝。
失うものがあっても胸の再建ができるという情報はひとつの希望になりました。

胸の再建といっても手術や方法はいくつかあります。
その人の治療プログラム(放射線治療をするかしないか)や病院の施設、
主治医の考え方などによって検討すべき問題はたくさんありますが、
まず大きく分けて
自家組織(自分のお腹や背中の肉で胸を作る)と人工(インプラント)があります。

私は手術のギリギリまで再建の方針が固まりませんでした。
結果的に手術と同時にエキスパンダーを入れてもらえることになりましたが、
そこからもなかなか大変な毎日でした。

胸の再建について、つづく。


今までの記事はこちらからどうぞ

スマホ「鍼灸と乳がん治療」

パソコン「鍼灸と乳がん治療」



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

【第19回・補足】鍼灸と乳がん治療 [がんと鍼灸]

こんにちは。鍼灸師Aです。

【第19回】鍼灸と乳がん治療
背中の変化(カテゴリー:今思うこと)
に出てきた抗がん剤の副作用との背中について、
解説させていただきます。

Rさんの背中真ん中あたりに
直径1.5~2cmくらいの大きなおできのようなものができていました。
おできは右側の方が大きかったです。

ツボでいうと
膈兪(かくゆ)・肝兪(かんゆ)・脾兪(ひゆ)
あたりになります。
右のこのあたりは、まさに肝臓の位置。
膈兪は、お血・血の道と関係するツボ。

鍼灸の視点でみると、
抗がん剤で血が汚れ、肝臓などの内臓に負担がかかっている、
ということを表していました。

体は正直だなあ、と納得したものです。

では、抗がん剤治療をしているすべての方が、
背中におできのようなものができるかというと、
そうではないようです。

Rさんと同じような抗がん剤治療をされた方で、
背中は特に変化がなかった方もいらっしゃいます。
ただしこの方は、足の方の肝臓や消化器系などの内臓のツボに
反応が出てました。



今までの記事はこちらからどうぞ

スマホ「鍼灸と乳がん治療」

パソコン「鍼灸と乳がん治療」



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

外出をひかえたとき気をつけたいこと [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

新型コロナウイルスの影響で、
不要な外出をひかえるように、テレワークの推進、
といったことが言われていますね。

満員電車で通勤している方は、通勤がなくなるだけで、
体も心もほんとに楽です。

ところが、最初はいいな~と思っていても、
在宅勤務が続くと、運動不足になってしまいます。

通勤したり、オフィスで働いていると、
たとえデスクワークであったとしても、
家で仕事をするより、体を動かしているのです。
通勤もかなりエネルギーを使います。

さらに家にいると、ついついものを食べてしまう。

運動不足 + 食べ過ぎ = ・・・

おわかりですね。
体重増加、メタボ促進、といったことになりかねません。

家の中で適度な運動をするといっても、
ストレッチや筋トレはできても、
有酸素運動が難しいですね。
ライフサイクルやランニングマシーンなどを
持っている場合は別ですが。

外に出てお散歩やランニングをしますか?
これは自己判断ですね。
食べる量もそうです。
自分でしっかり管理しなくてはなりません。

さらに、生活のリズムも乱れやすくなります。
いつも決まった時間にやらなくてはならないこと
(たとえば仕事に行くとか)があったけど、
それが自由になる。

最初はうれしいけど、やはり管理が難しくなり、
生活が不規則になりがち。
遅寝遅起きになったり、
食事の時間が適当になったり。
すると自律神経が乱れることもあります。

【まとめ】
外出が減り家ですごく時間が長くなると起きやすいこと
・運動不足
・食べ過ぎ
・生活の乱れ

自己管理がとても大切!



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(1) 
共通テーマ:健康

【第19回】鍼灸と乳がん治療 [がんと鍼灸]

背中の変化(カテゴリー:今思うこと)

先日、 A先生の鍼灸治療時に
「Rさんは気づいていないと思うし、私にしかわからないと思うけど、
前は背骨周りがボコボコしていたのが随分なくなってきたよ」
と教えていただきました。

たまたまA先生の治療を受けている方の中に私と同病の方がいらっしゃって、
同じく背中の凹凸があるそうです。
(※正確には背骨上のブヨブヨしたむくみです。鍼灸師Aより)

前回の記事ではありませんが、
どこかで調査されているわけではないけれど自分で見出した統計や、
A先生にしかわからない患者さんの体調の変化ってあるんだと思います。

私はまぬけに「へぇ、そうですか」と答えただけで、
背骨周辺の凹凸はなぜできるのか理解していないのですが、
その凹凸となっていたもの?が引いてきたようです。

背中は鏡でじっと観察できる部位でもないので自分では気づかないのですが、
改めて考えてみると割と体調の変化が出やすい部分だったなと思います。

すっかり忘れていたのですが、化学療法をしていた時
背中に発疹のようなものが出ていたようです。

当時A先生に「どうしたの?」と聞かれ
「副作用のひとつです」と答えていたようなのですが記憶をなくしています。
(私はその時の背中の状態を鮮明に記憶しています。鍼灸師Aより)

背中には内臓の疾患が表れやすいと言われているように、
皮膚に表面化していたのだと思います。
皮膚だけでなく化学療法をしているときはずっと背中が痛く重くだるくつらかった。

薬の分解でフル回転する肝臓に負担がかかっていたのもあると思いますが、
内臓の調子が悪いと背中に症状が出るというのは本当だなと思います。

背中の痛み緩和のために、ここでも登場するのがお灸です。
背中は手が届かないのでいろいろ工夫が必要でしたが、
それでもなるべくお灸をしました。

先日のブログにも書いた足裏のお灸と同じく、
(【第16回】足裏の痺れ
背中もまたツボに入ると刺激的な熱さと痛みがありましたが、
やはりやるとやらないのでは大違い。
寝る前にお灸をするとよく眠れました。体も温まり、背中の辛さも軽減したのです。

背中に痛みがあってもなくても、きっと背中にも負担がかかっています。
誰か手伝ってくれる家族やパートナーがいるなら、
背中のお灸をたっぷりしてもらうといいと思います。

セルフでも、背中に安全かつ狙った部分にお灸ができる道具があるといいですね。
開発してほしいです。
ブログを更新するたびに思いますが、お灸って万能です。


つづく


今までの記事はこちらからどうぞ

スマホ「鍼灸と乳がん治療」

パソコン「鍼灸と乳がん治療」



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

【第18回】鍼灸と乳がん治療 [がんと鍼灸]

アレルギーとがん(カテゴリー:今思うこと)

暖冬のせいか、今年は花粉の飛散が例年より早い気がします。
もしくは私の体質のせいかはわかりませんが、
毎年苦しむ花粉症の症状が通年より早く、
目が痒くくしゃみも多発しているこの頃です。

先日「花粉症の人はがんになりにくい」という記事を読みました。
花粉症をはじめ、喘息、アトピー性皮膚炎の人は
がんになりにくいという研究報告がたくさんあるそう。

スペインやアメリカで調査したのちに
日本でもすべてのがんの死亡リスクと花粉症との関係について調査した結果、
全疾患の死亡リスクが低く(42%)、
特にがんにおいては52%も低かったという報告。

え、そうなの?と思いながら最後まで記事を読むと
「しかし、予防効果のないがんもある。肺がん、乳がん、膀胱がん」だそう。
なんだ、そうなのかというオチなのですが。

なぜがん発症率が低くなるのかといえば、
アレルギー疾患を持っていると免疫機能が活発になる傾向があるため
それが特定のがんによる死亡率を防ぐのかもしれない、とのこと。

免疫システムがマメに働くため、がん細胞もマメに撃退する。
だからがんになりにくいということらしい。

花粉も辛いけど、がんになるのはもっと嫌でしょ?
そう思えば花粉も頑張って乗り越えられるでしょ、
という内容にも見えてちょっとイラっとしました。
「花粉症だし乳がんにもなりましたよ。すみませんね(皮肉)」
とでも筆者に言いたいですけど。

それで言うと独自の見解だと、私の周りで乳がんをした人に共通点があります。
それは皆アレルギー体質だということ。

乳がん発覚した時に同病の人に
「Rさんってアトピー?」と聞かれたことがありました。
私はアトピーではないのですがその人が言うには
「私アトピーなんだけど、乳がんの人って、アトピー体質の人が多い気がして」
とのこと。

信ぴょう性はないし気にしていなかったのですが、
その後お会いした同病の人が何気なく言っていた話を思い出すと、
皆何らかのアレルギーがありました。

乳がんとアレルギーの関係もどこかで研究されているのでしょうか。
していなければぜひ調査してほしいと思います。

私リサーチだと9割くらいアレルギー体質です。たまたまかもしれませんが。
何の解決にもならない話でした。



つづく


今までの記事はこちらからどうぞ

スマホ「鍼灸と乳がん治療」

パソコン「鍼灸と乳がん治療」



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

顔の毛穴が小さくなった証拠 [美容・ダイエット]

前回ご紹介した小顔になったNさん、
かつては顔の毛穴が大きく、デコボコしていました。

そしてそのデコボコを埋めるため、
ファンデーションをたっぷり塗っていました。

ところが、鍼灸治療を受けるようになり、
小顔になっただけでなく、毛穴も小さくなっていきました。

その証拠に、ファンデーションを使う量が
なんと!今までの1/3になったというんです。
すごい減り方ですよね。
凹凸が少なくなり、ファンデーションで凹を埋める必要が
なくなったということ。
数字に表れると、実感しますね。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(0) 
共通テーマ:健康

小顔になった秘訣 [美容・ダイエット]

Nさんが最初当院にいらした時のセリフ
「私、顔も頭もデカいんです!笑」

確かに、頭がブヨブヨ、特に側頭部は膨らんでもり上がっていました。
それに伴い、顔も大きい。
これはもともとだから仕方ないとNさんは考えていました。
しかし「これはぜったい無くなるもの!」
今までの経験から、そう確信しました。

その後治療を続けるうちに、
頭の膨らみは小さくなり、
顔も小顔になっていきました。
Nさんは友人に「整形したのね」と言われるくらい、
顔が小さくなったのです。

ではどうやったら頭も顔も小さくなるのでしょう?

大事なことは、顔や頭だけ施術するのではなく、
全身治療をし、全体の気の流れや血流を良くすること。

いくら顔や頭に刺激を与えて流れを良くしようとしても、
流れて行く先が詰まっていては、流れて行かないのです。

また、頭を行き来する血管は、必ず首を通ります。
この首が凝って硬くなり血流を妨げていると、
顔や頭の循環も良くなりません。

首と肩はつながっていて、
首が凝っていれば、必ずといっていいほど肩も凝っています。

そして顔と頭はひとつの球と見なせます。
頭も治療しなければ、顔の循環も良くならないのです。




●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(0) 
共通テーマ:健康

コットンのマスク [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

巷では使い捨てマスクが不足していますね。
行政から「買い占めないように」というお達しも出ていました。

私は普段からシルクやコットンの、
使い捨てでないマスクを使ってます。

最近ではコットンを煮沸消毒して使っています。
使い捨てでないマスク、おすすめです。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(1) 
共通テーマ:健康

渋谷区保健所から [最近の健康模様]



院内感染対策通知など
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/jigyosha/eisei/imu/innaikansen.html


新型コロナウイルス関連肺炎について
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kurashi/kenko/kansen/corona.html?=20170605yokumi


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html


厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


東京都感染症情報センター
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/


内閣官房>新型コロナウイルス感染症の対応について
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html


WHO
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

花粉増えてます [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

先週辺りから花粉の飛ぶ量が増えていて、
多くの花粉症の方が「花粉きてます!」
とおっしゃいます。

また暖冬で春が早く来ているようで、
春先の症状が体に表れている方も多くいらっしゃいます。

春先の症状の代表的なもの
・自律神経のバランスの乱れ
・寝違え、ぎっくり腰、またそれらの手前状態
・足などがつる、つりそうになる
・頭がブヨブヨする

思い当たる方、それは季節の変わり目のせいかもしれません。

また新型コロナウイルスのことで、
外に出ると緊張して首肩こりが悪化したり、
ストレスが増え自律神経が乱れる方もいらっしゃることでしょう。

なんといっても大切なのは免疫力。
食生活、睡眠、体を冷やさない、適度に動く、
といった基本的なことが大切です。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(1) 
共通テーマ:健康

マスクは有効か? [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

新型コロナウイルスの影響で、
マスクは効果があるのか、話題になっています。

インフルエンザなど飛沫感染するものは、
感染者がマスクをすることは、
他の人への飛沫感染を削減するのに有効だということは、
認められている陽です。

海外(特に欧米)ではマスクをすることは、
私は感染者です、とアピールしていることになります。

では、感染していない人が感染予防のためマスクをするのは、
効果があるのか。これが問題になっていますね。
いろいろ報告があるようですが、
まだ結論は出ていないということのようです。

どうするかは個人の選択だと思います。
私は普段からマスクをすることを選択しています。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

アメリカでインフルエンザ流行 [健康一般]

こんにちは。青山です。

アメリカでインフルエンザによる死者1万2千人以上と言われています。

アメリカ疾病対策センター(CDC)は、2019年10月1日以降2月1日までに、
アメリカ国内でインフルエンザにかかった人2200万~3100万人、
来院1000万~1500万件、
入院数21万~37万人、
死亡者1万2000~3万人
と推定しています。

アメリカでは例年1万2000~5万6000人が
インフルエンザで死亡していて、
2017年〜2018年シーズンはインフルエンザ大流行し、
6万1000人もの死者が出ました。

では日本は?

厚労省のHPにこんなQ&Aがありました。

Q:通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。

A:例年のインフルエンザの感染者数は、
国内で推定約1000万人いると言われています。

国内の2000年以降の死因別死亡者数では、
年間でインフルエンザによる死亡数は214(2001年)~1818(2005年)人です。
また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する
超過死亡概念というものがあり、
この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、
世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

頭に鍼灸と脳トレ [健康一般]

こんにちは。青山です。

前回の記事で、数学の勉強を始めたことをお伝えしました。
なぜ始めたか、その大きな理由は脳の衰えを感じているからです。
考えること、新しいことを習得することが、
面倒になってきているのです。

老化により退化していくのは当然かもしれませんが、
脳を使っていると老化のスピードを落とせると思うのです。

これは体も同じですね。
何もしなければ、老化のなすがままになってしまいます。
運動をしたり、セルフケアをすることで、
健康をキープすることができます。

頭がボケないこと、これはとても大切だと思います。
頭に鍼灸治療をして血流を良くし、
勉強をして脳を活発にする、これですよ!


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

最近始めたこと=数学 [その他]

こんにちは。青山です。

去年(2019年)末から、数学の勉強を始めました。

もともと数学は好きなのですが、
高校までは受験のための勉強でした。
大学に入ってからは、遊ぶのが忙しくてさぼりました。

またいつか数学を勉強したいなと思いながら月日が過ぎていったのですが、
最近You Tubeを見るようになり、出会ったのです。
数学の教育系You Tubeもいろいろあるようですが、
「おお~これは~!」というのを見つけたのです。

私にとって数学のYou Tubeの便利な点は、
流しておけばいいってこと。
試験があるわけじゃないから、
内容が理解できて納得できればいいや、
くらいで見てます。その気楽さがいいです。

また、巻き戻したり、止めたり、好きなものから見たり、
自由に見れます。それもありがたいです。

試験だと時間制限があります。
より効率よく確実に正解することが要求されます。
しかし大人の勉強は、それは必要ありません。
自分のペースでやればいいんです。

高校の数学からやっているのですが、
驚くのは、びっくりするくらい忘れているってこと。
そういえばこういうのあったな、って思い出せばまだいいけど、
こんなのやったっけ?やった記憶まったく無い!
ということも多々あります。
ほんとにやってないものもあるようですが、
怖いくらい忘れてます、笑。

数学を勉強するようになって、
脳にはよい刺激になっていると実感します。
なんといっても楽しいので、いい趣味を見つけたなという感じ。

You Tubeでいろいろ勉強もできる時代です。
すごい時代だなあ、って思います。

私の見ているお気に入りのサイトです。

https://19ch.tv/

https://www.youtube.com/channel/UCqmWJJolqAgjIdLqK3zD1QQ




●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

咳をする時、腕や肘で口を覆う [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

日本では多くの方が咳をする時、
手で口を覆うかと思います。

実はこれ、あまり良くないのです。
なぜなら手に咳の成分が付き、
その手でいろいろなところを触るから。

腕や肘で口を覆った方がいいと言いわれています。
私も以前からそうしてます。
昨日リンクを貼ったWHOでもそう勧めていますね。

WHO
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康

新型コロナウィルスのリンク [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。
更新が滞っていて、スミマセン!!

~~~いいわけ~~~
この時期は、毎年確定申告をやらねばならず、
鍼灸治療以外のいろんなことが滞ってしまうのです。
少しずつやっていればいいってわかっているんですけど、
いつもギリギリになってしまいます。。
今年は例年より早く仕上げなければならず、
先日やっと終わりました!
このブログも、また書いていこうと思います。
よろしくお願いいたします。
~~~~~~~~~

新型コロナウィルスが拡大しているのは、周知のことですね。
いくつかリンクを貼っておきます。

国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov.html


厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html


東京都感染症情報センター
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/


内閣官房>新型コロナウイルス感染症の対応について
https://www.cas.go.jp/jp/influenza/novel_coronavirus.html


WHO
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康