SSブログ

ワクチンについて2 [免疫力]

日本で接種できるワクチンには、
法律で定められた定期接種と、
それ以外の任意接種の二つに分かれています。

定期接種
国や自治体が接種を強くすすめているワクチンです。
法律に基づいて定められた年齢で、
定められた期間に接種すれば無料で行えます。

また、定期接種は二つに分類されていて、
乳幼児の接種(努力義務)と
高齢者を対象としたインフルエンザの接種(努力義務でない)があります。

定期接種ワクチンの種類
B型肝炎、ロタウイルス、ヒブ(インフルエンザ菌b型)、小児肺炎球菌、
4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)、BCG、
麻疹・風疹、水痘、日本脳炎、HPV(ヒトバビローマウイルス)、
インフルエンザ(高齢者対象)、成人用肺炎球菌(高齢者対象)、

任意接種
接種するかどうかは接種する側の判断(乳幼児なら保護者)に任されているもの。
任意接種は有料で、病気に対する治療でないため健康保険が適用されず、
原則自己負担です。
しかし、地域自治体によっては公費で補助しているところもあります。

任意接種ワクチンの種類
肺炎球菌、おたふくかぜ、インフルエンザ、髄膜炎菌、A型肝炎

つづく


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0