SSブログ
前の5件 | -

今年は春が早いです [季節:春]

こんにちは。青山です。

今年は春がくるのが早いです。
通常3月に起こりやすい身心の状態が、
2月に起こっている感じです。

ぎっくり腰、寝違え、筋肉のつり、肩こり首こりの悪化、
のぼせ、冷えのぼせ、目の疲れ、
精神的に不安定、なんか不安になる、怒りっぽい、イライラする、、

こういった症状が表れてきます。

東洋医学で、春は五臓でいうと肝の季節。

五行論でいうと、春は木、
木は五臓でいうと、肝。
東洋医学では、春は肝の変動が出やすい季節、と言われています。

だからといって、西洋医学的な肝臓疾患になるわけではありません。
上記の症状は、肝の変動なのです。

さて、肝臓にいい食べ物といえば「しじみ」

しじみに多く含まれるオルニチンは、肝臓で活躍するアミノ酸、
肝臓の働きを保ち、疲労回復をもたらします。

体内のアミノ酸の多くがタンパク質の中にありますが、
オルニチンはそれとは違い、血液に溶け込んだ状態で
体内をめぐっています。

肝臓というとお酒というイメージが強いようですが、
アルコールを代謝するだけでなく有害物質の解毒をはじめ、
様々な働きがあります。

オルニチンは冷凍すると数倍に増えることがわかっています。
冷凍する場合は、砂出しをしてから冷凍してください。
また、解凍しないでそのまま使えます。

肝の味は「酸味」。
この季節になると、「ぬた」が無性に食べたくなる、という方がいらっしゃいます。
これも東洋医学的に春は肝の季節ということでしょう。


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

ダブルてい鍼法 [鍼灸治療・東洋医学]

こんにちは。青山です。

ダブルてい鍼法はその名の通り、
てい鍼を同時に2本使って施術します。

cn-k24k20-400.jpg

左右の手で1本ずつ持ったり、
利き手で2本持ったりして行います。
手の動きはさまざまです。

これが不思議なことに、
てい鍼2本なのに、2本以上で、
しっかり、グググっとやられている気がするのです。
そして気持ちがいい~。

さらに利き手で2本、もう一方で1本持って、
3本同時に使うこともできます。
そうするともう「金塊」でやられている感じですね。
(私は金のてい鍼を使用しているので。)

ダブルてい鍼法は、
誰に教わったものでもなく、
自分でひらめいて始めまたものです。

通常の鍼灸治療コースで取り入れていますが、
てい鍼だけの治療が受けたい、
刺す鍼はちょっと苦手、
そんな方のために、
ダブルてい鍼コースを作りました。
施術時間 60分
施術料 7,000円
です。

※当初50分としていましたが、
あっという間に50分経過してしまうので、
60分に変更いたしました。(施術料は同じです。)

当院のお任せコース90分と比べると時間が短いですが、
ずっとてい鍼を受け続けるのは、かなりの刺激量になるので、
時間を90分より短く設定しました。

よろしくお願いいたします。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

あけましておめでとうございます。 [お知らせ]

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年のお正月は、特に出かけることなく(実家へも帰らず)、
健康のため近所をウォーキングするくらいで、
家でゆっくり過ごしています。
こんなお正月は初めてかと思います。

お風呂にいつもよりゆっくり入ったり、
漢方やハーブを使ったデトックスをしたり(これがすごく効く!)、
安全な食材で手作り料理(これはいつもですが)、
ふだん不足しがちな睡眠をたっぷり補ったりと、
健康的に過ごしてます。
特に睡眠は、腰がだるくなるほど寝ました!

こんなお正月も、いいものですね。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

ただの皮膚の乾燥? [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

足のスネが乾燥して、かゆくなり、
掻いて皮膚が傷ついたり、ブツブツになったり、、
よく見かける症状です。

皮膚科を受診すれば、多くの場合「乾燥」が原因と診断され、
塗り薬などが出るようです。

さて、鍼灸治療的にみると、、、

乾燥するのは、血液の循環が悪く、
栄養・潤いが十分行きとどかないことがひとつの原因。

また、スネは胃経、胃腸の経絡です。
なぜこの部分が特に乾燥するのか、
それは胃腸の状態と関係すると見ます。
また、汚れた血はかゆい。

スネの血行が悪く、そこに汚れた血が溜まりやすくなっている、
それは胃腸を含め、内臓の状態と関係するでしょう。
患部(スネの乾燥・痒み)だけでなく、そういった点を考慮して治療をしていきます。

実際に、毎年冬、スネが乾燥して痒くなり、掻いて皮膚を壊してしまう方が、
定期的に鍼灸治療を受けるようになり、
その症状が出なくなった、というケースはいくつもあります。

症状が消えることが「治療」ということでしょうが、
症状が出る根本的な原因を改善することが、
東洋医学的な「治療」です。


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

逃げてもムダ [治療と癒し]

こんにちは。青山です。

Kさんは子供の頃から虚弱体質、
医者には栄養失調と言われ、
朝礼の時は、いつも倒れる子でした。
人見知りもひどく、人と話すのは大の苦手。

そんなKさんが最初についた仕事は、歯科衛生士。
Kさん曰く、
「最初のころ、この仕事を選んで、しまった~、と思ったんです。
どうしてかっていうと、、、

患者さんの名前を呼んで、どうぞ、って通すんですけど、
私は患者さんの名前を呼ぶだけ、
でも、他の人は、なにやら患者さんとしゃべっているんですよ。
えっ?なんで???
私にはそんなこと、できない!
名前を呼ぶ以外、何をしゃべれっていうの? って思って。。。

で、他の人が何を話しているか聞いてみたら、
たわいもない世間話をしている。
そっかあ~、と思って、
とりあえず天気の話からしてみるかって、やっていったんですよね~。」

もともと人と話すのが苦手なのに、
そこで逃げず、解決策を自分で見つけていった、偉いですね。
そんなことを言うと、

「課題って、逃げても、別の形だけど同じ課題がやってくるんですよね。
しかも最初より大きくなって。
だから逃げてもムダだ、これは私が取り組むべきことなんだって。」

現在の仕事は、とてもハードな肉体労働。
子供の頃から虚弱体質なのに、よく続けてやっています。

「こんなに元気に仕事ができるなんて、
ほんと、自分でもびっくりですよ。
これも自分の課題だったんだな~って。」

Kさんが最初に鍼灸治療を受けにきたときは、
それは、それは、とてもつらそうな状況でした。

しかし熱心に定期的に治療を続けていくうち、
徐々に強い身体になっていったのです。
Kさんは逃げない、あきらめない、だから課題を克服していけるのでしょう。

人生、自分の得意なことをやった方が楽だし成功しやすい。
しかしKさんはあえて自分の苦手とすることを選んできました。
自分の得意な道を選ぶか、そうでないかは自由です。

でもKさんにとっては、苦手なことを避けたり逃げてもムダだった、
だからそれを乗り超える道を選んだのです。
それはきっとKさんの魂が決めたことなのでしょう。

●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(1) 
前の5件 | -