SSブログ
患者様の声 ブログトップ
前の5件 | -

鍼灸歴40年のTさん [患者様の声]

こんにちは。青山です。

当院の患者様に、
20代の頃から鍼灸をずっと続けていて、
鍼灸歴40年の方(Tさん)がいらっしゃいます。

Tさんはとにかくひどい首肩こり、特に首。
「この首のコリは、指じゃ無理、鍼じゃなきゃ届かないのよ!」
そうおっしゃいます。

そしてTさんのモットーは、全身の健康が大切だということ。

「最近は顔鍼、顔鍼っていうけど、顔だけやってるんじゃダメ。
全身の健康があってこその顔の美しさなのよ。」
そうおっしゃって、Tさんは顔鍼はやってません。
(側頭部からのリフトアップはしています。)
しかしそれはそれは美しいのです。

美しいのは顔だけではありません。
体もスリムで引き締まっていていらっしゃいます。
鍼灸だけでなく、トレーニングもかかさず続けているのです。

「なんでも継続が大切。
一回二回鍼灸を受けただけで、治るわけない、
健康になるわけないのよ。
続けなきゃ効果は得れるわけないじゃない!」
そうおっしゃいます。

Tさんは、自分でいいと思うことは、必ず実行し続けているのです。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~



nice!(0) 
共通テーマ:健康

【実例】クッシング症候群 [患者様の声]

こんにちは。青山です。

今日は、クッシング症候群のため、副腎摘出手術をしたMさん(女性)を
ご紹介します。

クッシング症候群とは、
血中に副腎皮質ホルモンであるコルチゾールが増加したときに起こる症候群。

クッシング症候群の症状を見てみると、
満月様顔貌(ムーンフェイス)、高血圧、肥満、糖尿病、
などが上げられます。

クッシング症候群は副腎皮質の腫瘍や下垂棒線腫のため起こるのですが、
Mさんは副腎皮質の腫瘍でした。

実は、Mさんは別件で病院へ通っていたのですが、
クッシング症候群だったとは、誰も全く気づきませんでした。

では、なぜ見つかったか?

Mさんは胆石の検査のためレントゲンを撮りました。
そこで、たまたま写った副腎がおかしいと医師が気付き、
検査をして、クッシング症候群だとわかったのです。

確かにMさんは、高血圧でした。
でも、まさかクッシング症候群のせいで高血圧だったとは、
誰も想像しませんでした。

手術前のMさんは、
とても元気でタフ、ガンガン仕事や遊びをこなしていました。
でも、ぜんぜん疲れない!

いろいろな人に「すごく肩がこってますね。」と言われるけど、
ぜんぜん自覚症状無し。
肩こりを感じたことがありませんでした。

「疲れって何?肩こりっ、何?って感じだったのよ~~~!」とMさん。

でも、それがまさか副腎皮質ホルモンが出過ぎているためだったとは、、、。

いろいろ調べてみると、
「一目でクッシング症候群だとわかる顔つきです(ムーンフェイス)」
と書かれていますが、
そうとは限らないのではないでしょうか?
そうだったらすぐにクッシング症候群だと医師が気づくはず。
なかなか発見されにくい病気だそうです。

もう一人、クッシング症候群だった方(男性)を知っていますが、
この方は、4つ目の大学病院でやっとクッシング症候群だと診断されました。
発見がもうちょっと遅かったら、命が危なかったそうです。

さて、手術後のMさんはといいますと、、、

クッシング症候群は、手術をした後がとても辛い病気です。
なぜなら、残った方の副腎は副腎皮質ホルモンを出す能力が低下しているため、
体内の副腎皮質ホルモン量が足りません。

薬で副腎皮質ホルモン補うのだけど、
薬を取り過ぎれば残った方の副腎の働きが回復するようにならない、
だから薬の量を取り過ぎないようコントロールし、
残った方の副腎の機能を回復させる必要があります。

残った方の副腎の機能が低いので、体内では副腎皮質ホルモンが不足気味、
そのため、関節や筋肉など身体のさまざまなところに痛みが出ます。
Mさんもそうでした。

Mさんは、薬を飲まなくていいようになるまで、
すなわち残った方の副腎の機能が回復するのに、
約2年、かかったそうです。

鍼灸治療の話もしましょう。
Mさんが当院にいらしたのは、術後のケアのためでした。

もちろん、西洋医学的ケアはしていましたが、
鍼灸治療も何かのサポートになれば、とのこと。

鍼灸治療としては、副腎は五臓の「腎」の領域。
しっかり腎を補う治療をしました。
そしてさまざまな関節や身体の痛みの緩和のための治療もしました。

最初の頃、背中の腎のツボを軽く触っただけで、
「いたたたた~っ」とおっしゃっていましたが、
いつの間にか言わなくなりましたね。

クッシング症候群が完治したMさんですが、
今でも身体のメンテナンスのために定期的に治療にいらしていただいています。

Mさん、とにかく肩こりが辛くてたまらないそうです。
これは普通の肩こりです!
もともと頑固な肩こりががあったけど感じなかったのは、
副腎皮質ホルモンの過剰のせい(お陰?)だった。
正常値となった今では、人並みに肩こりを感じるのです。

「これが肩こりかあ~!辛いよ~。」とMさん。

でも、タフなところは、以前と変わらないようです。









nice!(0) 
共通テーマ:健康

お腹が敏感な子 [患者様の声]

こんにちは。青山です。

ある患者さんのお子さん:Kちゃん(当時3才)、
お母さんの鍼灸治療の時、いっしょにやってきました。
お母さんの治療中、Kちゃんはいい子にして待っています。

ふと、Kちゃんのお腹を見ると、なんだかパンパンに張っています。

Kちゃんのお母さん
「この子、便秘なんですよ~。」

私がKちゃんのお腹に手をあてようとすると、
Kちゃんはいやがりました。

Kちゃんのお母さん
「この子、お腹さわられるの、すごくいやがるんです。」

そこで、
足(特に胃経)、背中、腕などをなでて、気の流れを整えました。

その後で、Kちゃんのお腹に手をあてようとしたら、
今度はOKのようです。

Kちゃんのお腹を時計周りに、軽くやさしくクルクルクル。
Kちゃん、大丈夫なご様子。

治療時間、全部でせいぜい5分くらい。

この後、鍼灸院からの帰り道、(家の最寄り駅で)
Kちゃんは、特大のうん〇をしたとのことです。
よかったね。

お子さんって、気に敏感なんですよね。
ちょっとやっただけで、すごく反応する。

それと、いきなりお腹をさわられたくない、
これって、大人にだってあることです。
特に悪い所は、さわられたくなかったりする人、結構います。
体の自然の反応かもしれません。

当院では、
いきなり患部を攻めるより、
遠い所から、周りから、徐々に攻めていきます。
この方が、安全で、且つ、効果大なんです。



青山鍼灸院HP

nice!(0) 
共通テーマ:健康

かつては冷房に負けていたのに [患者様の声]

毎年冬になると足先にしもやけができていたKさん、
夏の冷房にも、いつも負けていました。

鍼灸治療を受けるようになり、年々冷えが解消されていき、
去年は「冷房に負けないって気がします!」
と力強くおっしゃっていました。

すると今年はなんと「冷房が心地よく感じます!」と。
Kさん曰く
「こ、こ、この私が、まさか、こんな風に感じるようになるなんて、
びっくりです。想像もつかなかった。」

前回の治療では、頭に熱がこもっていたので、
頭に保冷剤を使いました。
Kさんに対してははじめてです。
Kさん「私が、冷やすだなんて!」
冷やすことにまだ慣れていないKさん、
今年の夏は上手に冷やすことを学ぶ必要があるようです。



青山鍼灸院HP

nice!(1) 
共通テーマ:健康

重症の足指の冷えのAさん [患者様の声]

こんにちは。青山です。

重症の冷え・むくみ・アトピーだったAさんについて
ご紹介させていただいています。

Aさんは、普段から靴下の重ね履きをしたり、
腹巻をしたり、夏でも何枚も重ね着をしたり、
冷え対策もしっかりしていらっしゃいます。
それでも、冷えているのです。
特に足指の冷えは重症。

最初のころは、いくら温めてもなかなか温まらない、
やっと温まったかな、と思っても、またすぐに冷えてしまう。
お灸、コウケントー、ホットパックなど使い、
とにかく温め続けました。
Aさんはコウケントーを購入し、自宅でもやっています。

コウケントー
koukento.jpg

kokento.jpg

足指の冷えは、最後の決め手は点灸だと私は思っています。
それもコツコツやってきました。

tenq-senko.jpg tenq-moeru.jpg


次第に足指が温まるのが早くなってきました。
温かさをキープすることもできるようになりました。
しかし、まだまだ油断できない状況ですので、
引き続き治療を進めていきます。




●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | - 患者様の声 ブログトップ