SSブログ

腎臓・膀胱・骨・歯・髪・耳・脳 [季節:冬]

こんにちは。青山です。

冬は五臓でいうと「腎」の季節。

腎臓・膀胱・骨・歯・髪・耳・脳、、
東洋医学でこれらはみんな「腎」の機能になります。
腎臓と膀胱は近いのはわかりますが、
他はなんで?と思われるでしょうが、
東洋医学では、五行的に同じグループなのです。

腎と膀胱は、五行:木・火・土・金・水のなかの「水」の性質を持っています。
腎と膀胱は、「表裏の関係」にあります。
(腎は陰、膀胱は陽)

腎は「精」をやどす
「精」とは、生命力、成長、生殖力の根源のエネルギーのことをいい、
腎に内蔵されています。

この精が、腎によって活性化されたものを「元気」といいます。
腎の精が充実していれば、元気も盛んで、病気に対する抵抗力もあります。
また根気が必要とされる作業を、やり抜く力もわいてきます。
腎の気が衰えると、元気がなくなり、活動が低下し、体も冷えてきます。
また、生殖能力も低下し、病気にかかりやすく、治りにくくなり、
さまざまな老化現象も出てきます。

腎は水分代謝を調節する
腎は身体全体の水分代謝を調節しています。
この働きがうまくいかなくなると、むくみ・下痢・頻尿・尿閉などの症状が現れます。

腎は骨を主り、その状態は髪に反映する
腎の精は、骨に栄養を与えています。腎が正常であれば、
骨や歯が丈夫で、また髪も黒々とつややかで、よく伸びます。
腎の精が不足したり、老化により衰えると、
骨が脆くなったり、腰が曲がったり、歯が脆くなったりします。
また白髪・脱毛などの症状が現れます。

腎は耳と関係
腎は、耳を通して外界と交流しています。
老化などにより腎が衰えると、難聴・耳鳴りなどの症状が現れます。

腎は二陰と関係
二陰とは、前陰=小便口、後陰=大便口のことです。
腎は水分を調節し、その結果が大小便となって体外に排泄されます。
大小便の異常は、腎の異常と関係します。

腎は唾液と関係
腎は歯を支配しています。歯の生えているところから湧き出る水分が、唾液です。

膀胱
体内に取り入れられた水分は、全身を巡った後、膀胱に集め貯えられ、
やがて尿となり排泄されます。
膀胱の状態は、排尿の機能に現われ、
不調になると、尿を貯めることや、排泄することの異常としてあらわれ、
下腹部の腫れや痛み、小便閉、遺溺などの症状をもたらします。


精には、先天の精と後天の精があります。

先天の精
両親より受け継いだ精のことを、先天の精といいます。
先天の精は、生命の素であり、人体の諸器官・組織を構成し、
成長させていく素となるものです。
先天の精は、人が生まれた後、腎にしまわれ、
発育・成熟・生殖という基本的な生命活動を起動させます。
先天の精は、後天の精によって補給され、生きている間は、枯渇することはありません。

後天の精
飲食物から得られる精を、後天の精といいます。
後天の精は、人体で活動する気(エネルギー)の素となり、
また先天の精を補給し、生命活動を支える基盤として働きます。

・・・・・・・・・・

腎は生命活動の原動力です。
無理な労働・過度のストレス・冷えなどで、腎は消耗していきます。
腎が消耗した状態を「腎虚」といいます。
「腎虚」の症状として、疲れがとれない、姿勢が悪い、腰に力が入らない、
身体を温めても冷えが改善しない、などが上げられます。

改善策としては、食事をしっかりとって後天の精を補うのはもちろんのこと、
腎の気を補うような治療をすることが大切。
また、いつまでも若く生き生き過ごすためには、腎をしっかり補うことが重要です!



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

乾布摩擦のすすめ [季節:冬]

こんにちは。青山です。

私は、よく乾布摩擦をおすすめしています。

乾布摩擦は、読んで字のごとく乾いた布で皮膚を摩擦します。
皮膚に直接刺激を与えることで、
血行を促し、身体を温め、皮膚を強く健康にします。
東洋医学では、皮膚と呼吸器系は密接な関係、
皮膚を強化することで、呼吸器系を健康にします。

もともと色白で皮膚のキメが細かく、
日に焼けるとピンクになって、あまり黒くならないタイプの人は、
東洋医学的に見ると、呼吸器系が弱い人が多いんです。
こういう方は、秋に体調を悪くしがち。
そんな方には、特に乾布摩擦がおすすめ。
もちろん、こういうタイプじゃない方にもおすすめです。

また血行が良くなるので、肩こり・筋肉のコリの改善にも効果有り。

注意事項ですが、
皮膚を傷つけないように適度な圧で行いましょう。
皮膚が繊細な方は気をつけて下さいね。

また、風邪をひかないよう、寒くない部屋でやって下さい。
(※寒風摩擦ではありません!)

それから、タオルを使わずに手のひらで行ってもかまいません。

これからだんだん寒くなっていきます。
そんな季節に、乾布摩擦はおすすめです。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(0) 

冬の朝は体がかたい [季節:冬]

こんにちは。青山です。

朝起きた時、
筋肉が硬くなっている、関節の動きが悪く、動きづらい、、
そんなこと、若いころは、感じたことなかったのに。。。
だんだん年齢を重ねれば、誰でもそうなっていくものです。

寝ている間、体の動き、内臓の働きが低下し、
血流もゆっくりになります。
特に冬は硬くなりがちです。

ある高齢の方の話ですが、
目が覚めてもすぐに起き上らないで、
30分ほど布団の中で、全身をさすって軽いマッサージをしてから布団から出る、
という方がいらっしゃいました。
これ、すごくいいと思います。おすすめですね。

もっと短い時間でもかまいません、
目が覚めたら、手足をゆっくり動かしたり、
体を軽くゆすったり、さすったり、
ある程度血行をよくしてから起き上るといいでしょう。

いきなり「のび」をするのは、けっこう危険です。
急に筋肉に強い刺激が加わることになり、
筋肉を痛めたり、足をつってしまうことも。。。

寒い日が続きますので、どうぞお気をつけください、



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~


nice!(0) 

飛沫を受けない飛ばさない [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

新型コロナ感染予防には、
「飛沫を受けない飛ばさない!」
これが重要だということは、
みなさんわかってきましたよね。

感染者が増えると、
外出制限をするようお願いされたりしますが、
外出するかどうかが問題ではなく、
感染者からの飛沫を受けない、
自分が感染しているかもしれないから、
飛沫を飛ばさない、
これを徹底させること。

そもそも家の中に感染者がいたら、
外出しなくても感染する可能性が高いのです。

これだけ感染者が増えていると言われても、
巷では、飲み屋で大人数で密に座って、
マスク無しで大騒ぎしているグループもあります。
そして、感染者の年代を見ると、
ほぼいつも20代がトップです。

少人数で静かに飲食し、
会話をする時はマスクをするのが無理なら、
たとえば4人ごとにテープルをわけ、
透明アクリル板で仕切り、
隣のテーブルとは、透明ビニールでカーテンを作る。
こういう配慮をした店には、助成金を出す。

そんなことを考えてみたりしてるのです。。。


 
●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(0) 

新型コロナはどのように感染するか [最近の健康模様]

米国疾病対策センター(CDC)は、
疾病予防や健康増進のための調査・介入を行う米国連邦政府機関。

CDCが新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)の
主要な感染経路に関する見解を2020年10月5日付で改訂しました。

ヒトからヒトに
これまでは「容易に感染する(spreads easily)」のところ、
改訂版では「非常に容易に感染する(spreads very easily)」
となりました。

ただし、インフルエンザより効率的に感染するが、麻疹ほどではない、
という感染力に関する説明はこれまでと変わりません。

また、これまで「人との距離が近く、接触する時間が長いほど感染しやすい」のところ、
改訂版では「状況によって感染のしやすさは変わる」
となりました。

また、改訂版でも従来と同様、
「主要な感染経路は飛沫感染」
としてます。

飛沫感染については、
感染性のある人が咳、くしゃみ、歌唱、会話、呼吸をする際に
鼻や口から出る飛沫を、近くにいる人が吸い込む、
あるいは、飛沫が鼻や口の粘膜に付着する経路である、としています。

・感染性のある人は、咳、くしゃみ、歌唱、会話、
あるいは呼吸をする際に飛沫を産生する。
飛沫は目に見える大きなものから、小さなものまであるが、
小さな飛沫は水分が気流のなかで素早く蒸発して固形の微粒子となる。

・感染は主に感染性のある人から近いところで飛沫を吸入したり、
飛沫が鼻や口の粘膜に付着することで起こる。

・発生源から離れるほど飛沫の濃度は低下し、
大きな飛沫は落下し、小さな飛沫は拡散するが、
時間の経過とともに飛沫中のウイルス量は減少する。

CDCは今回の改訂版において、
公式に新型コロナが空気感染することを認めました。

空気感染は、空気中を数分から数時間にわたって浮遊する、
ウイルスを含む小さな飛沫や粒子を吸い込む感染経路であり、
発生源から2メートル以上離れた場所にいる人が感染する場合もあります。

麻疹ウイルスや結核菌も空気感染しますが、
改訂版では、新型コロナウイルスが空気感染するのは特定の条件下であり、
例えば換気の悪い閉鎖空間で、運動や歌唱によりなどにより、
感染性のある人の呼吸が荒くなる場合などに起こるとしています。

このような空間では、
ウイルスを含む「粒径が小さい飛沫や微粒子」の濃度が高まるため、
感染性のある人と同じ空間を共有したり、
感染性のある人が立ち去ったすぐ後の空間に立ち入った場合に
空気を介した感染のリスクが生じると解説しています。

とはいえ、これまで得られたデータにもとづけば、空気感染よりも、
感染者の近くで感染した事例の方がはるかに多いと述べています。

接触感染についてですが、
環境表面やモノに触れた際にウイルスが付着した手で
口、鼻、眼に触れて感染することはおこり得ますが、
頻度としては低い、という見解は変わっていません。

 
●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(0)