SSブログ

急に冷えました [最近の健康模様]

こんにちは。青山です。

昨日辺りから、一気に冷えましたね。
今日も東京の気温は10度以下、
11月とは思えない真冬並です。

冷え症の方、寒さ対策しっかりしましょう。
私も今日からダウンコートにしました。
手袋も用意してます。

寝る時も冷えないよう、どうぞお気をつけください。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(0) 
共通テーマ:健康

スマホ vs パソコン [その他]

こんにちは。青山です。

今年(2019年)秋、青山鍼灸院のHPをリニューアルしました。
今回の大きなテーマはスマホサイトを作ること。
そしてこれを機に、グーグルのアナリティクスサービスを
利用することにしました。

サイトにどのくらいの人がアクセスしたか、
いつ、どの時間帯が多いか、
どの場所からアクセスしているか、
などわかるのですが、
スマホからか、パソコンからか、タブレットからかも
わかります。

では、その割合はといいますと(2019年11月28日現在)、

スマホ(タブレット含む)からのアクセス 73%
パソコンからのアクセス 27%

という結果になってます。 

ちょっと意外でしたが、
アメリカとシンガポールからのアクセスがありました。
海外からもアクセスしていただいて、とてもうれしいです。

また今年立ち上げたサイト●女性の鍼灸
の方はといいますと、

スマホ(タブレット含む)からのアクセス 80%
パソコンからのアクセス 20%

となっています。
こちらの方が、スマホ率がやや高いですね。

スマホ時代と言われていますが、
こうして数字で表れると、実感します。


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(0) 
共通テーマ:健康

HSP:Highly Sensitive Personと鍼灸 [病気・症状まとめ]

HSP:Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは、
生まれつき刺激に敏感かつ繊細で、
周りから過度に影響を受けてしまう人を指します。

HSPの人は、体や心の境界線、自分のバリアが
薄くて弱いため、簡単に外からの影響を受けてしまいます。

この境界線・バリアを東洋医学では、衛気(えき)と言います。
HSPの人は衛気が弱いと考えられます。

では衛気を強くするにはどうしたらいいのでしょうか?

衛気は五臓の「肺」に属します。
衛気を強くするには、肺・呼吸器系・皮膚(皮膚は肺に属します)を
強化するような治療をします。
皮膚表面を刺激する乾布摩擦は、衛気を強くするので、
誰でも手軽にできるものとしておすすめです。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、
先天的な気質、生まれ持った性質であるため、
変えることはできないと言われます。

しかし衛気を強化することで、
外からの刺激による影響がゼロにならずとも緩和されれば、
少しでも楽になれるのではないかと思います。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(0) 
共通テーマ:健康

HSP:Highly Sensitive Person [病気・症状まとめ]

HSP:Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは、
生まれつき刺激に敏感かつ繊細で、
周りから過度に影響を受けてしまう人を指します。

HSPの人は疲れやすかったり、人の感情に巻き込まれて苦しい思いをし、
生きづらいと感じている人が多いようです。

HSPは、1990年代、
アメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念です。

アーロン博士は同じように敏感な人たちを調べたところ、
人種・性別・年齢などに関係なく、
どの国の人でも一定の割合(15~20%)でいることがわかりました。

そしてHSPは環境や性格などの後天的なものではなく、
先天的な気質、生まれ持った性質であることが分かったのです。

アーロン博士が提唱するHSPの理論では、
HSPには4つの属性があり、頭文字をとって「DOES」と呼ばれています。

Depth of processing:深く考え処理する
Overstimulation:過剰に刺激を受けやすい
Empathy and emotional responsiveness:感情反応が強く、共感力が高い
Sensitivity to subtleties:ささいな刺激を察知する

4つの各項目を具体的にみてみましょう。

Depth of processing:物事の捉え方が深く、慎重に考えてから行動する
・すこしの説明で全体が理解できる。一を知って十を知る
・調べ物をすると深く掘りさげていて、周りに驚かれる
・お世辞を言われてもすぐに本音を見抜いてしまう
・物事をはじめるまでにあれこれ考えてしまい、時間がかかる
・その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なことに興味がある

Overstimulation:刺激にとても敏感で疲れやすい
・人混みやイベント、騒音が苦手
・友だちと楽しく過ごしていたのに、帰宅してからどっと疲れがでる
・映画や音楽、本などの芸術作品に深く感動する
・相手の発言に傷ついてしまい、しばらく忘れられない
・ささいなことでも驚いてしまう

Empathy and emotional responsiveness:他人の気持ちに振り回されやすく共感しやすい
・人が怒られていると自分のことのように感じてしまう
・悲しい映画は登場人物に感情移入してしまい、号泣する
・相手のちょっとしたしぐさで、機嫌や思っていることがわかる
・言葉を話せない幼児や動物の気持ちを察することができる

Sensitivity to subtleties:五感がするどい(音、光、臭い、味、触覚が敏感)
・冷蔵庫の「ブーン」という低音や時計の秒針の音が気になってしまう
・強い光やまぶしさが苦手
・となりに座った人の口臭やタバコの匂いで気分が悪くなる
・カフェインや添加物に敏感に反応してしまう
・肌着のタグなどチクチクする素材は我慢ができない
・第六感がはたらき、よく当たる

アーロン博士は4つのうち1つでも当てはまらない人はHSPではない、
と定義しています。

さてみなさん、いかがでしょうか?
自分にあてはまるもの、ありましたか?


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(0) 
共通テーマ:健康

鍼灸院の選び方 [その他]

こんにちは。青山です。

鍼灸院を選ぶポイントについて考えてみました。

当院の患者様に伺ってみると、圧倒的に多いのが、
女性の鍼灸師から受けたい!
ということでした。

やはり直接肌に触れられるから、
女性の方がいいという方が多いですね。

他の条件として、場所・治療費・治療方針
などが上げられます。

定期的に通うことを考えると、
通いやすい場所は重要です。
家の近くだったり、職場の近くだったり、
職場と家の間だったり。

しかし人によっては、家や職場に近過ぎない方がいい
という方も多いんです。
近所や職場の人に、
あの人あそこに通ってるって知られたくない、
そういう考えもありますね。

治療費も、継続することを考えると、
負担にならない金額がいいですよね。
その額がいくらかは、個人差があると思います。

また、一回の料金が安くても、治療頻度で負担は変わってきます。
たとえば一ヶ月にいくらかかるか、その辺もポイントでしょう。

治療方針ですが、まず鍼灸治療とはどういうものか、
ある程度知らないと判断できないかと思います。
各鍼灸院のホームページに書かいてあったりすると思うので、
よく読まれるといいと思います。
こちらにも載せています↓
●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

当院にいらしていただいている患者様も、
「このブログをすべて読みました。」という方、
何人もいらっしゃいます。
「真剣な人は、とことん調べるんです。」
そんな風におっしゃいます。

また案外多いのが「紹介」。
この人がいいっていうなら、
この人が通っているならいいに違いない、と。
当院も多くの方にご紹介でいらしていただいています。

鍼灸治療を受けるには、
まず、自分が何のために受けようと思ったのを明確にする。
また、現実的な条件(場所、治療費、鍼灸師のタイプなど)をはっきりさせる。
そしてネットや知人からの情報を集め、
最終的には自分で判断する。

質問があれば、鍼灸院に直接聞いてみるといいと思います。
(多くの鍼灸院がメールで対応していると思います。)
その応対もひとつの参考になるかと思います。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(0) 
共通テーマ:健康

メカノレセプター:足裏の感覚受容器 [足・足裏の話]

こんにちは。青山です。

人は立っている時、足裏が床(大地)に着いています。
足裏には、接触面の情報をキャッチする受容器がたくさん存在し、
これらをメカノレセプターと言います。
メカノレセプターは平衡感覚のセンサーです。

メカノレセプターは、接触面の形状や足裏の情報を脳に伝達し、
脳から各筋肉に指令を出すことで、
全身のバランスを保つことができるのです。

こちらはメカノレセプターが多く存在する場所です。
mecanorecepter-w180.gif

加齢、脳血管障害、末梢神経障害などがあると、
メカノレセプターの数が減少したり、
知覚神経の伝達速度が低下したり、
筋紡錘の感受性の低下が起こり、
体のバランスを取ることが難しくなり、
転倒や歩行障害を起こしやすくなります。

メカノレセプターを活性化するのにお灸はとても有効です。

ashiura.jpg

ぜひ予防にもお灸を。


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性鍼灸師と患者様でつくる女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~





nice!(1) 
共通テーマ:健康

ホームページリニューアル3 [お知らせ]

こんにちは。青山です。

青山鍼灸院のホームページをリニューアルいたしました。

(つづきです)

が、まだ不十分な点があります。
それは、(お気づきの方もいらっしゃると思いますが、)
写真です。
写真は以前撮ったものを使っています。

オープン当初(2001年)、デジカメが普及し始めました。
200万画素程度のデジカメで撮った写真を使いました。
その後一眼レフカメラカメラ、コンパクト一眼カメラなどを購入し、
自分で撮って、HP用に使いました。

久しぶりにコンパクト一眼で撮ってみましたが、
う~ん、どうでしょう?という感じ。
もちろんカメラのせいでなく、
素人の私のせいでもありますが、笑。

今は、そこそこのデジカメだったら、
スマホの方がきれいに撮れると言われています。
ということで、Iphone 11 proを購入、
これで撮影をしようと思っています。


●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性鍼灸師と患者様でつくる鍼灸情報サイト~
鍼灸・健康・美容・癒しなどいろいろな記事をご紹介しています。





nice!(0) 
共通テーマ:健康

寝ている間に冷える [冷え性対策]

こんにちは。青山です。

この時期体を冷やさないため気をつけてほしいことのひとつが、
寝るときの服装。

パジャマを着て寝ている方もいらっしゃると思いますが、
冷え症の方にはおすすめできません。
パジャマのように、裾、袖、首がスースーしていると、
そこから冷えが入ってくるからです。

そして冷えは、その場所だけでなく、体の中にも入りこみます。
寝ている間に体が冷え、
朝起きたら体が冷えきっている、、
ということになります。

私の場合、パジャマは着ません。
冬は長袖ハイネックのシャツ(シルク素材)を着て
その上にルームウェアを着ます。
下も暖かめのルームパンツ、レッグウォーマー、腹巻、
そして手首や肘が冷えている時はアームウォーマー!
(レッグウォーマーを使用)
長袖を着ていても手首周りが冷える時は、手首にします。
ただし、最近ではかなり冷え症が改善されたので、
手首にすることはほぼなくなりました。

寝る時の服装を改善するだけで、かなり違います。
みなさんも、自分なりのいろいろな工夫をしてみて下さい(^o^)



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~

nice!(1) 
共通テーマ:健康

ホームページリニューアル2 [お知らせ]

こんにちは。青山です。

青山鍼灸院のホームページをリニューアルいたしました。

(つづきです)

私は仕事場のパソコンを使っているため、
ふだんスマホでインターネットはやりません。
パソコンの画面に慣れていると、
スマホ画面は、小さくて、、、。

しかしスマホサイトを作るにあたり、
そうは言っていられません。
スマホでサイトを見ることから始めました。

さらに患者様にいろいろ伺いました。
どのくらいスマホでインターネットをやるか。
どんなサイトが見やすいか、見にくいか。
どういう手・指の動きをするか。
などなど。

多くの方がスマホでサイトを見るということが、
実感できました。

そして、字が小さいのは見にくい、
という意見が多かったですね。

青山鍼灸院のスマホサイトを作るにあたり、
見やすいこと、わかりやすいこと、
を意識して作ることにしました。



●青山鍼灸院HP

●青山鍼灸院の空席状況

●女性の鍼灸
~女性のための鍼灸・健康・美容・癒しの情報サイト~




nice!(0) 
共通テーマ:健康